瞑想やってみた。

瞑想ってなんだろうか?

瞑想やるとスッキリするとか、集中力が付くとか色々とポジティブな事が書かれていたりする。

実際に何をするのだろうか?と言われても何もしないだったり呼吸するだったり、体の状態を感じ取るだったりこれまた色々書いてある。難しそう…

なんか難しそうだけど、やってみよう!多分これが正解

まずやってみた。僕の一回目はこんな感じでした。

とりあえず坐禅(半掛け?)みたいに足を組んで座り目を閉じる。20分が目標らしいので、ひとまずは20分やってみよう。

薄く目を開いてやってみる。

足が痛い!!痺れてくる。⇦我慢我慢…

うるさい!!なんか室外機の重低音が響いて気になる。

1回目こんな感じで、7分で断念しました。

でも、暫く続けていると慣れてくる10分、12分と伸びていく。1ヶ月続ける頃には20分できるようなる。

何が変わったか!?

足の痛みがなくなる。うるさくなくなる。わけではない。

なんて言うか受け入れることができるようになる。

今の自分がどんなことを感じているのか。

・痛み

・うるさい

・集中できない

とか色々なことを感じる、考えるけど、そこに囚われる訳ではなくてまた自分にもでってくる事ができるようになった気がする(う〜ん、なかなかうまく書けません)

瞑想って結局なんだろうか?

結局これになってしまう。

瞑想するとどうなるのか?初めて半年くらいだけど(何回も中断しています。)、何か変わった実感はない。

はっと閃いたことはあるかもだけど、別に大したことでもない…

ただ、なんて言うか任せる事ができるようななった。

頼るのではなく、任せる。頼ることには期待が含まれる。

こうなったらいいなぁ…もっと増えたら…みたいな期待がある。その事象ではなく、その期待に感情が振り回される。

じゃあ、任せるとは??

物事とは完全に切り離してしまうイメージ、そこには期待もない。例えば運命に任せる。

ああそうゆう事が起きるんだ…そんなことになったのか…

もっと言えば、あぁ自分には、こんな感情が出るのか…

そんな感じに考える目線が出来てきたような気がする。

ブッタが修行僧のことをサイのツノに喩えた話があるが、本当の自分はどんな事象や感情からも隔絶してピンと一本立っている。そんなことが瞑想の目標なのではにかと今思っている。

これからの時代本当に必要なことか?

瞑想は多分2000年以上の歴史がある。多分

これからの時代に必要なことか?と言われれば必要なことだと思う。

世に鉄が生まれた時代。(枢軸の時代と言うらしいが)

人間は生命の危機(生態系ピラミッド)から大きく解放された。

それでも、悩みや苦しみから解放されなかった。古い宗教の神様崇拝から仏教(インド)、哲学(ギリシア)、キリスト(儀式的神様からの解放?伝道者の出現による神様からの解放?これの解釈が難しい)が生まれた。

なぜか?

おそらく現代人も同じ悩みや苦しさを持っている。

それは、自己承認欲求の出現だと思う。

他人から認めれたい。と思うこと自体が欲望であり、その欲望は尽きない。

そのためにお金を求めたり、いいね!!を求めたりするし、それが昨今の過激な発言(問題発言⇄叩きを含む)を産む一つの原因になっている。

これが、自己承認の欲求が続く限り瞑想が必要になると僕は思っている。

自分にはそうゆう尽きない欲求があるんだなぁと思える心の余裕が瞑想にはある。

自己承認の欲は永遠か?

多くの人が、情報過多の時代に他人には自己承認の欲求を満たすことはできないと気が付き始めていると思う。

食欲、睡眠、知識、性、と並ぶ自己承認欲求だが、満たされないと判れば対処の仕方も自ずと広まっていく。

おそらく、そうなれば瞑想も必要なくなる!?

ただ、さらなる新しい欲求が生まれるパラダイムシフトが起きると思う、逆に言えばこのパラダイムが出来た時に自己承認の時代は終わりを迎える。

ご苦労様!自己承認欲求!!

2000年近く、僕たちの進化を支えてくれた欲求よ。ありがとう。

と言える時代は直ぐそこまで来ているかも?

新時代の騎手は?

ざっくり言えばAIだろうか?

古くは人間は物物交換をしていた。それがお金(金本位)による交換になり現在では信用取引になっている。

それでは人間は本当は何を交換していたのか?

物々交換は欲しいものと欲しいものを交換していた。

金本位は金と物を…信用は金と金の取引である。

結局は何の取引か?僕はそれは情報の取引だったと思う。

あなたは何が欲しい、どんなことをしたいのか?この会社はどんなことをするのか?あの国はどこと戦争するのか?

どんな取引でも根底は情報の交換にあった。

それを媒介していたものが、物であり金であり信用であった。

今やその情報が直接取引されている。GoogleにTwitterにfacebookはもはや直接情報を取引して莫大な価値を生み出している。(価値はお金ではない)

じゃあ次に媒介するものは何か?

もはや、人間が情報をコントロールする必要はない。AIが情報を握り必要な情報を国や企業、そして個人に分配すれば良いのである。

誰がどこに住み何をやるのか?どんな企業に勤めているのか?いやむしろ何をするのかが重要であって企業に勤めていること自体は大した問題ではない。

更なる大きな情報を求めて何が必要か?どんなことをしているのかをAIがコントロールするそして更なる価値を産む。そんな未来がそこまできている。

そうなれば、企業勤めだろうがボランテアだろうが、更なる価値と情報を生み出す事ができる人がAIにより判断され「承認」される訳である。この場合自己では無くAI承認になるのかなぁ。

この人物がどんな生活を送るのか今の僕にはわからないが、おそらく成功者「現代の」イメージとはかなりかけ離れているだろう。

瞑想を試してみて

かなり飛んじゃいましたけど、現代社会の激動の最先端の時代だからこそ瞑想が必要な技術(スキル)だと思います。

まずはやってみて損はないと思います。ネットになるような目に見えて得もないと思います…

良いことしたなぁとは少なくと思えるので

投稿者: 吉原 タツヤ

現在娘二人のパパとして奮闘できる様に修行中 さいたま市在住のアラフォー,お年頃のため色々なガジェットが気になってしまう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。